医学部専門予備校と普通の予備校の違いってなに?経験を元に解説します。

普通に勉強をしていれば簡単に合格できると考えて


私は、現役合格することができませんでした。一応、現役の頃も予備校 に通っていましたが、そこは医学部専門ではありませんでした。そのため、いろいろな学部を受験する人と一緒に勉強をしていました。結構私は昔から優秀なほうで、普通に勉強をしていれば簡単に合格できると考えていました。しかし、その考えは甘かったです。そんな簡単な話ではありませでした。結果は、私は現役合格することができず、受験に失敗したのです。かなりショックでした。こんな結果になるとおもっていなかったので、しばらくショックで外に出ることも嫌でした。そんなときに、友達から言われたのは、選んだ予備校が間違っているということでした。その友達は、医学部専門の予備校に通い、見事医学部に合格をしています。私はその話を聞きはっとしました。そんなこと考えてなかったからです。私は慌てて専門の予備校を探しました。私が希望をしている大学の医学部合格者が多いところを選びました。そこに通いはじめて数日で、私はここを選んだことが正しかったと思うことができました。



---Menu---
①普通に勉強をしていれば簡単に合格できると考えて
②後悔をしても仕方がないので私は必死で
③合格したい大学を受験する際の注意点
医学部 予備校 学費
青山予備校